home contact portfolio music video

プロメテウスタイプ毎のおおよその発電量

あなたの地域の風力から、おおよその発電量が求められます。地域の風力については、下記のボタンよりお調べいただけます。

気象庁 風況データ
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 風況マップ

お住まいの地域風況 200W 400W 1KW 5.5KW 10KW
0 〜 2 m/sec 未満 0 0 0 0 0
2 〜 3 m/sec 未満 6 12 30 165 300
3 〜 4 m/sec 未満 10 20 50 275 500
4 〜 5 m/sec 未満 18 36 90 495 900
5 〜 6 m/sec 未満 24 48 120 660 1200
6 〜 7 m/sec 未満 38 76 190 1045 1900
7 〜 8 m/sec 未満 56 112 280 1540 2800
8 〜 9 m/sec 未満 80 160 400 2200 4000
9 〜 10 m/sec 未満 110 220 550 3025 5500
10 〜 11 m/sec 未満 160 320 800 4400 8000
11 〜 12 m/sec 未満 196 392 980 5390 9800
12 m/sec 以上 200 400 1000 5500 10000
(単位:W)

大誠テクノの風力発電の特長

風向きを選ばない

垂直軸型風車は、プロペラ型の風車と違い、風向に関係なく回転するので設置場所、設置方向を選びません。回転軸は1軸のシンプルな構造で、回転部分の故障はほとんどなく、またメンテナンスを容易にしています。200W、400Wタイプにはソーラパネルが取り付けられ、無風時でも電力を得ることが出来ます。

微風でも回転する

航空機と同じ翼をブレードとして使用し、ブレードの内側後部に、風受けウイングを取り付けることによって、2m/sec以下の風の流れを捉まえて回転を始め、回転を始めるとブレードに大きな回転力が発生します。 風車は、瞬間最大風速60m/sec(10kWタイプは40m/sec)の強風にも耐えるように安全設計がなされています。

静かに回転します

ブレードに航空機と同じ翼を使用しているため、空気がブレード上をスムーズに流れ風車の空力騒音を極めて低くしております、また1軸のシンプルな構造で回転軸による機械騒音、共振振動の発生を最小限に低くしております。 プロメテウスの垂直軸型風車は、微風から強風域の幅広い風速域において、静かに、力強く、スムーズな回転を行います。

環境に優しい設計

支柱を利用して、自然環境を観測するカメラや監視カメラ、種々の観測センサーが取り付けることができます。風車の回転半径が小さく、10kWでは風車がフレームに囲まれているため、鳥のバードストライクの可能性が低く、周囲の景観環境に大きく影響しない形状となっております。 再生可能エネルギーを利用することによって、CO2の削減にも貢献します。


Back to top