▼東京本社 CE部 課長 宮崎 大輔  ●東京本社 CE部 高橋 和也

実家が溶接業を営んでいるため幼い頃から溶接技術を見てきた僕は、二枚の鉄板をまるで一枚の板を折り曲げたように滑らかに繋げる技術に感動し、高校も機械科に入りました。「溶接技術を極めたい!」。その思いは卒業時も変ることなく、機械を通してモノ作りができる会社を探していました。
そんな時出会ったのが大誠テクノでした。実は通学で利用していた都営三田線がホームドアを設置していた時期で、担当していたのは大誠テクノ。「こういうモノ作りに携れるんだな」とリアルに感じることができ一気に身近な存在になったのです。

現在は東京本社勤務のためメイン業務は機器のメンテナンスですが、郵便局の「郵便区分機」や各鉄道会社様の駅務機器などを担当し機器の仕組みにもかなり精通してきました。将来は設計・製造に携わりたい。もちろん実現可能な夢として膨らんでいます。

大誠テクノは、日常業務で必要な知識をつけるための研修以外に、「航空力学の専門家を招いての研修」「電気の専門知識を学ぶ研修」などがあります。未来のために役立つ知識を勉強しておこうね、というスタンスがあるため技術者としての将来をイメージしている僕としてはいろいろな可能性を想像してしまいます(笑)。
最近、僕の周りには転職を考え相談してくる友人も増えてきました。「大誠テクノに来たら?」と誘っているんですよ。機械が大好き、機械いじりを仕事にしたい。そんなみなさん、ぜひ僕たちと一緒に仕事をしませんか!